MMSオンライン +コロイダルシルバー  

MMSと最近ではコロイダルシルバーの普及活動を海外で行っています。当サイトは利益目的ではありません!金銭のやり取りが発生しても、自分の懐に入れたことは一度もありません!販売利益のすべてを現地のMMSが欲しい貧しい人達への無料配布、病院代、検査代、食料品として寄付をしています。詐欺扱いと脅迫とサーバーの停止に遭った為、あえて書いています。元々MMSの日本販売は、この国で無料でMMSを配りたくその活動費として自分の家計に支障をきたさないように始めたものです。

Español   サイトマップ (Site Map)

風邪

風邪

最新情報

MMSを飲むのに疲れ、カプセルで1滴~2滴を日に2回ほど飲んでいた時は、風邪をひいて悪化して咳が2か月止まらず苦しい思いをしました。風邪を完全にひいてからMMSを真剣に飲み始めても手遅れです。反対に5~6滴を日に数回飲んでいた時期は、風邪の初期症状を感じても翌日には風邪の症状はなくなって、風邪をひくことはなかったです。

少量のMMSだけでは風邪予防にはならないと思います。

 


 

 

下の方に書いている文章は、2年位前のもので古いです。

風邪は一番身近でMMSを一番試しやすい症状で、いろいろと家族の誰かが風邪をひく毎に試してみました。

 

風邪とインフルエンザのプロトコルはこちらです

 

風邪をひいてもこのプロトコルで子供に飲ませるのは難しかったのですが、

だんだんと大きくなり、不味くてもMMSを飲んでくれるようになったので、プロトコル通りとはいきませんが、

ある程度プロトコルに近い量と回数を飲ませられるようになりました。

 

今まで子供が風邪をひいても、1日1回か2回飲ませるのが精一杯だった時は、

MMSを飲んでも風邪がまったくよくならないと思っていましたが、プロトコルに近い量を飲ませてみると、

風邪が治るのがかなり早くなったと思います。

風邪の症状が出てすぐに回数多く飲ませると、翌日にはほとんど症状がないこともありました。

 

今までは2ヶ月に1回の割合で定期的に風邪をひいていた私ですが、

毎日3回5滴ずつMMSを飲むようになってからは、今のところ最高6ヶ月風邪をひいていません。

やばいかな?と思った喉の痛みの兆候は2度ありましたが、

それを感じた時に、MMSを1時間毎に飲んでみたところ、

喉の軽い痛みが数日あったのみで、従来の熱が出て鼻水が出てしんどいという症状は出なかったです。

 

古い文章にも書きましたが、どうせ治らないんだとMMSをまったく飲まなかった時は、

急性副鼻鼻炎に突入してしまいました。もしもあの時に真剣に飲んでいれば、症状は悪化しなかったのかもしれません。

 

最近はMMSだけではなく、DMSO担体でも風邪に効くかどうかを試しています。

 


 

 

 

治った例には入らないかもしれませんが、風邪について。

 

風邪の一般的な症状、鼻水や咳や喉の痛みに熱。

 

これらの症状の風邪は、MMSを飲んでいても出ました。

 

私の場合、健康維持の為に、飲める時に飲むを心がけております。

 

フレッシュジュースを切らしてしまった、ビタミンCのジュースを飲んでしまった為にMMSを飲むタイミングを逃したりなどで、飲めないこともあります。

 

たまたまなのか、MMSを長く飲まなかった時にひいた風邪は以前のように長引くような気がします。

 

MMSを毎日飲んでいた時も、軽い鼻水や熱等の風邪の症状は出ましたが、いつもより軽い気がします。

 

海外で暮らすようになり、それまでは2ヶ月毎に謎の発熱や腹痛になって数日必ず寝込んでいましたが、

 

MMSを定期的に飲むようになり、寝こむことはなくなりました。

 

やはりそれでも風邪はひきます。

 

小さな子供にも定期的にMMSを飲ませていますが、やはり同じく風邪は引きますが、発熱と鼻水が数日続くだけで軽度です。

 

 

2015年7月18日 追記

 

久しぶりに長期に風邪をひいてしまいました。

 

MMSを毎日1回5滴程飲んでいましたが、引いてしまいました。

 

やはりMMSを定期的に飲んでいても、風邪は引いてしまうようです。

 

他の家族も私より先に風邪を引いていました。もちろんMMSは定期的に飲んでいました。

 

定期的に飲んでいた子供だけは、咳を数回しただけでそれ以上は悪化しませんでした。

 

MMSを知った時にワクチンについても書かれていたので、子供にはワクチンをしない選択をしました。

 

ワクチンをしていないので、子供の方が強いのでしょうか。

 

MMSを飲んだらはやく治りそうな感じがしていましたが、今回は1日に6滴を3回飲んでもすぐには良くならず、

 

4日ほど風邪の強い症状が続きました。

 

MMSを人にすすめているので、風邪をひいたことを言えば、

 

MMSを飲んでいるのに風邪ひくの?と嫌味っぽく言われることがあります。

 

MMSを飲んでいても、風邪はひきます。

 

風邪をひいても死に直結しているわけではないので、風邪をひくくらい許容範囲と思っています。

 

実際に癌が治ったので、風邪が治らなくても癌が治る方が良しと思いましょう。

 

 

2016年4月追記

 

子供が去年の8月から、幼稚園に通い始めました。

それまでは細菌にやられて高熱と吐き気は何度か経験しましたが、風邪は滅多にひきませんでした。

幼稚園に通い始めてからは、月の半分以上は風邪をひいている状態になりました。

クーラーが日本ではありえない強さで、冷蔵庫の中のような環境です。

何度か学校に訴えましたが、日本人とは体感温度が違うのか、どれほど異常な寒さかということは、

未だにわかってもらえません。暑い国で、学校にはダウンジャケットを着せて通わせる状況です。

今まで人と交わることもなく家の中で生きてきたので、外へ出れば風邪をひくのは当たり前とは思うのですが、

それに加え、エアコンの寒さも影響していると思います。何度も言いましたが、改善されそうにはありません。

治ったと思って幼稚園に連れて行っても、すぐに鼻水と咳をして午後には帰ってくるのが日常です。

MMSはスプライトやコーラに混ぜて、時々飲ませています。

 

今までの経験上、風邪のひき始め、なんか喉が痛いかなの症状が出てすぐにMMSをいつもよりこまめ

(1時間毎に5滴以上を数回)に飲むと、それ以上症状が悪化することなく、風邪をひかなくて済んだということが何回もありました。

そして、そこで面倒に思い、MMSを飲まないでいると、関節がガクガクしてきて寒気がしてきて熱が出て、

その後は鼻水に咳にくしゃみが1週間続く、定番の風邪の症状です。

 

今回子供が風邪をひいて熱を出した時、心配しすぎたあまり、自分が毎日飲んでいたMMSを3日程飲みませんでした。

子供の風邪が移ったのか、子供が風邪の症状を出して5日後、MMSを飲まなくなって3日後に、関節がガクガクしてきて

その日の夜には寒気がしてきて熱が出ました。その翌日には、くしゃみと鼻水と咳が止まらない状態。

風邪を本格的にひいたこの日、MMSを真剣に1時間毎に飲みましたが、症状が改善される兆しはありませんでした。

なんとなく良くなったかな?と思ったのもつかの間、その翌日にはもっと症状が重くなりました。

 

風邪を本格的に引いてからは、MMSをどれだけ飲んでも駄目なのかを証明する為に、

一番症状が重くなった風邪の症状が出た日、風邪をひいて3日目に、1時間毎に6滴以上を10時間飲み続けました。

重篤な場合のプロトコルと同じ滴数です。

 

1時間毎にMMSを飲み続けても、症状の改善はまったく感じられませんでした。

鼻水も咳もくしゃみも、何一つ症状は変わりません。

やっぱり風邪を本格的に引いてしまってからMMSをどれだけ真剣に飲んでも、症状は改善されないのかもしれません。

マラリアやデングの時は、数時間で改善されて症状が改善されると書いてあり、

実際にデングでは私もそれを間近で体験しました。どうしてなのかと検索したら、同じような事を思って質問している人を見つけました。

 

外国のサイトですが、多くの人が風邪を引いてMMSを1時間毎に飲んでも7日間改善されなかったと書いている人がいっぱいいました。

それに対し、誰かが、体の中にデトックスされていないものがあるから、それを先にやっつけなければならないので、

風邪の原因となっているものをやっつける段階に行かないと答えていたのですが、

殆どの人がMMSを毎日飲み続けていたり、デトックを何度もした人ばかりでした。

MMSを毎日飲み続けていても、体の中には何か常に悪いものがあるということなのでしょうか。

それではなぜ、マラリアやデングではすぐに改善されるのでしょう・・・・・?

 

去年まではたかが風邪くらいと考えていましたが、風邪は万病の元と言われている意味を知り、

たかが風邪と、なめてはかかれなくなりました。

 

もう少し読み進んでいくと、

ホメオパシーのドクターらしい人が書いている回答に、風邪の原因はバクテリアではなくウィルスで、

そもそもウィルス自体が生きているというわけではないから、殺すことが出来ない、だから現代医療の強引なやり方では風邪は治らないとありました。

私達の体自身がウィルスをやっつける強力な武器を与えるのが一番いい方法で、その武器とはビタミンC注射だそうです。

このビタミンC注射が風邪を治すのに一番理想的な方法で、風邪を引いて早い段階がなおいいとのことです。

MMSはせいぜい私達の体が風邪をひいているいうことを認識する為に、他の体の問題に対処するくらいでしかないと答えていました。

 

風邪に関しては、やっぱりMMSは威力を発揮しないということでしょうか。

 

自分の経験上からも家族をみていても、風邪を引いてからMMSを飲んでも何も変わらないことばかりでした。

約1週間の苦しい咳を鼻水の時期を経験し、自然に治っていく感じばかりでした。

ただこれは私が自分で試したことなので、他の方はどうかわかりませんが、

風邪をひいたかなと思った時、かなり集中してMMSを飲めば、その後風邪をひくことはなかったということは

何度も経験しました。

 

熱はオキシドールですぐに下がることは何度か経験しましたが、よく考えたらMMSだけで風邪の熱がすぐに下がったことはなかったです。

 

風邪予防だけの為にMMSを毎日飲むことは、実は風邪予防にはなってなかったのでしょうか。

でも風邪をひいたかなと思った時に何回もMMSを飲むと、風邪をそれ以上ひくことがなかったのは確かです。

 

風邪は万病の元と言われるのは、風邪をひいて免疫力をそちらに使っている時、

もしも癌やその他の何かが発生しても、風邪ばかりひいてそれに免疫力を使っていたら、

他のことに免疫が使えなくなってしまい、癌などその他の病気になりやすくなるからです。

 

この文章を読んだ時、風邪はばかに出来ないんだと思うようになり、子供が風邪をひいた時に心配する指数が倍になってしまいましたが、

知らないよりよかったので、風邪をなるべくひかないよう、免疫力を高めることも大切ですね。

 

風邪をひいている時にMMSを飲むことは、風邪に免疫力を使っていて他に対処できない体を、助けてくれることになります・・・よね?

例えMMSで風邪が直接治らないとしても、やはりMMSを飲むことはいいのかもしれません。

 

 

HIVウィルス、デング熱もウィルス・・・・・でもMMSで治ります。どうして風邪ウィルスだけは・・・・。まだまだ疑問がいっぱいです。

 

 

2016年5月追記

 

上記の話には続きがありまして、風邪を完全にひいてからMMSを真剣に1時間毎に飲んでも治らないと勝手に決めつけた私は(事実改善はみられませんでした)、

その翌日からMMSを飲まず、風邪が自然に治るのを待つつもりでした。が、風邪の症状が良くなりません。いつもなら鼻水も咳も軽くなっている時期ですが、

ますます酷くなる感じで、顔面の痛みに歯茎の痛みに目の周りの痛みに頭痛に倦怠感に吐き気が続くようになりました。

ネットで調べてみると、風邪から急性副鼻腔炎というものと症状がまったく同じです。何日経っても症状が回復する兆しも感じられず、

ますます酷くなる感じがしました。さすがにこれ以上は無理と思ったので、病院に診察してもらいに行きました。

ネットで調べた通りでした。すぐに注射を打ってもらい、抗生物質を処方されました。

注射を打ってもらってすぐに、あれだけ苦しかった症状が一気に無くなりました。しかし翌日になると、また顔面や歯茎の痛みが出てきて、

止まっていた鼻水も注射の前と同じ状態になりました。ちょうど子供を診てもらうついでだったので、その翌日も同じ注射を打ってもらいました。

またすぐに症状が良くなり、とても快適な状態になりました。

しかしです、この注射には血糖値を上げるという副作用があり、ドクターもそれを知らずということもありましたが、

注射を打つのをやめて数日後には、血糖値は正常に戻りました。

抗生物質も指定通りの日数飲み、症状もやっと改善され、2週間以上の苦しかった症状がなくなってきました。今は再びMMSを飲み始めました。

 

どうせ風邪を引ききってからはMMSは効かないんだからと、MMSを飲まなかった結果です。

 

もしもMMSに即効性がないと思った後も毎日こまめにMMSを飲んでいたとしたら、副鼻腔炎にはならなかったかもと考えないことはないです。

 

薬や注射には頼りたくないと思っていましたが、この時ばかりは本当にMMSより注射と薬だと思いました。

あれだけの痛みで苦しめば、即効性ある方がよいと思ってしまうのが人間かもしれません。

 

蓄膿症の場合のMMSの使用方法で、3滴を活性化させたものを、水に薄めないでそのまま鼻から吸うというのも試しました。

確かにMMSを吸った後2時間程は鼻水が出なくなりましたが、時間が経てばすぐに鼻水が出るようになりました。

MMSで改善されたのは鼻水だけで、頭痛や倦怠感や歯茎や顔面の痛みはMMSでは改善されませんでした(数日の使用)。

 

今回のこともあり、どうせ風邪をひいてからはMMSには即効性はないとか思うのはやめて、それ以上風邪が悪化しないように、

次回からはMMSをこまめに飲むつもりです。

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

風邪からの急性にMMSは即効性はありませんでしたが、鼻水の軽減ははっきりとありました。

即効性を求めず気長に我慢しながらであれば、効いたのかもしれませんが、私は我慢できませんでした。

 

まだ書いていませんが、今回の件で、小さい頃からの慢性蓄膿症がMMSとオキシドールでほぼ治った例を思い出しました。

あまりにも身近な人間すぎて、気づきませんでした。

また後日蓄膿症として書く予定です。

 

2018年

今のところ大きな病気もないので、最近は健康維持にと1日2滴を朝と夜に数ヶ月を続けていたところ、風邪をよくひくようになりました。もともと私は風邪をすぐにひいていたのですが、MMSを1日6回を何回も飲んでいた時は、2年近く風邪知らずでした。風邪をまたひくばかりになり、最近はまた以前のように5滴を1日数回飲むように変えたところ、それでもやっぱり風邪をひいてしまいました。ですが悪化することなく、喉が少し痛くなって翌日鼻水が出て、喉の痛みがなくなって鼻水だけになり3日程ですべての症状が終わるようになりました。2滴を1日2回だけの時は、風邪をひいてしまったら1週間から10日は喉の痛みと咳で苦しみました。MMSを飲んでいても飲むタイミングにより、風邪はやっぱりひいてしまうのかもしれませんが、軽減されているというのがだんだんわかって来ました。試しにとMMSをあまり飲まなかったら、風邪の悪化はすごかったです。鼻水に血が混ざったり、前歯の上の方が痛くなったりと散々な目にあいました。いつも思うのですが、やはり喉が痛い、イガイガすると感じた時に、1時間か2時間毎にMMSを5以上飲めば、治りも早く風邪の症状もかなり少なく楽です。飲んでいてもひいてしまったと諦めて飲まなければ、副鼻腔炎になったり歯までが痛くなりました。

Published on 12/28/2016, 22:06:23.
Last updated on 10/11/2019, 13:13:53.