MMSオンライン +コロイダルシルバー  

MMSと最近ではコロイダルシルバーの普及活動を海外で行っています。当サイトは利益目的ではありません!金銭のやり取りが発生しても、自分の懐に入れたことは一度もありません!販売利益のすべてを現地のMMSが欲しい貧しい人達への無料配布、病院代、検査代、食料品として寄付をしています。詐欺扱いと脅迫とサーバーの停止に遭った為、あえて書いています。元々MMSの日本販売は、この国で無料でMMSを配りたくその活動費として自分の家計に支障をきたさないように始めたものです。

Español   サイトマップ (Site Map)

 

MMSが効かないケース

 

MMSとCDSでも排除できない種類の細菌があります。

  • 緑膿菌
  • グラム陰性菌
  • 単極運動性細菌
  • 好気性

 

好気性で気道や尿路、傷口や血液感染症の原因となる、グラム陰性菌である緑膿菌です。病院での感染症10件のうち1件は、緑膿菌によるものです。嚢胞性繊維症は、肺の中の細菌の感染によって引き起こされます。

 

緑膿菌はまた、皮膚炎、腸炎、髄膜炎、外耳炎の原因となります。高熱と感染症でもっとも多い原因は、緑膿菌によるものです。

MMSやCDSだけでは無理なので、抗生物質も併せて使うようにと言われています。

 

コロイダルシルバーは緑膿菌にも有効だというデータがあります

 

緑膿菌は通常、抗生物質であるシプロフロキサシンを使います。DNAジャイレースと呼ばれる酵素と結合することによって、細菌の染色体の二重らせんを破壊し、 細菌のDNAの複製を阻止します。すべての抗生物質と同様、副作用を考えなければなりませんが、その他のフルオロキノロン系と比べると、その発生率は低いものとなっています。

 

緑膿菌と同様、MMSとCDSは大きなサイズの回虫には、効き目がありません。駆虫薬で駆除することになります。

※上に書いている事と違いますが、自宅で飼っている猫に毎晩MMSを飲ませていましたが、小さな寄生虫は駆除できていませんでした。

※MMSでは寄生虫は駆除できなくても、ザッパーという手が残されています

 

Published on 12/28/2016, 20:32:15.
Last updated on 08/23/2021, 16:59:04.