MMSオンライン +コロイダルシルバー  

MMSと最近ではコロイダルシルバーの普及活動を海外で行っています。当サイトは利益目的ではありません!金銭のやり取りが発生しても、自分の懐に入れたことは一度もありません!販売利益のすべてを現地のMMSが欲しい貧しい人達への無料配布、病院代、検査代、食料品として寄付をしています。詐欺扱いと脅迫とサーバーの停止に遭った為、あえて書いています。元々MMSの日本販売は、この国で無料でMMSを配りたくその活動費として自分の家計に支障をきたさないように始めたものです。

Español   サイトマップ (Site Map)

 

 

 

 

 

 

 

MSMこのサイトのメインであるMMSとは違うものですが、DMSOのファミリアのようなもので、DMSOと似たような効果が望めます

MSM

  

この2冊は、DMSO研究の第一人者ヤコブ博士の著書です。MSMに関しては、この2冊の本からのものを簡単にまとめて書いています。

メチルスルホニルメタン Methylsulfonylmethane(MSM)は、天然に存在する硫黄化合物であり、多くの食品の栄養成分です。私たちの食物の中にも、自然に存在しています。 MSMの化学名はジメチルスルホン、またはDMSO2です。ジメチルスルホキシド(DMSO)の主要な酸化代謝物であり、DMSOの特性の多くを共有しています。 MSMは陸生生物と海洋生物の食物連鎖に豊富に含まれる化合物に属しています。この硫黄含有栄養素は、メチル-S-メタンシリーズの化合物の安定した最終生成物です。これらの化合物(主にジメチルスルフィド(DMS))は、地球で数少ない硫黄の主要な発生源の1つです。

オゾンと高エネルギー紫外線の下で、DMSはDMSOとMSMに変換されます。どちらもDMSとは異なり、水溶性です。それらは雨で地上に戻り、その後植物の根系に取り込まれ100倍まで濃縮されます。 DMSO同様MSMは、自然界に広く分布しています。両方の化合物は、いくつかの果物、野菜、穀物および飲料に少量ですが存在します。

 

牛乳 3.3ppm

コーヒー1.6 ppm

トマト微量〜0.86 ppm

茶0.3 ppm

ビール 0.14 ppm

ウモロコシ 0.0〜0.11 ppm

アルファルファ 0.07 ppm

アスパラガス、ビート、キャベツ、キュウリ、オート麦、リンゴ、ラズベリーから微量のMSMが検出

 

MSMは、体内の硫黄含有アミノ酸に取り込まれることがわかっています。人間の硫酸塩貯蔵量は、動物の最も小さな種の1つであり、低タンパク食や、変形性関節症に最も一般的に処方されている鎮痛薬の1つであるアセトアミノフェン「ミノフェン」によって枯渇する可能性があります。硫黄は結合組織、体タンパク質中の硫黄含有アミノ酸、および酵素反応における補酵素(ビタミン)の主成分です。皮膚、軟骨、さらには間質性の基底物質などの結合組織では、硫黄が主成分です。ムコ多糖類のデルマタン硫酸、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸が豊富に含まれています。硫黄は結合組織を強化します。軟骨を構築するグリコサミノグリカンと関係しています。硫黄は細胞内タンパク質の構造を維持する上での重要な役割にがあります。体内で最も重要な細胞内抗酸化物質であるトリペプチドグルタチオンの成分です。

 

Bob Herschlerは、MSMがミネラルではなく新薬として認識された場合、FDAがMSMの臨床研究を阻止する可能性があることを懸念していました。その為にHerschlerは、MSMの治療特性すべてが必ずしも硫黄毛皮成分に由来するわけではないにもかかわらず、硫黄源としてのMSMだけ研究しました。  DMSOの薬理学はよく文書化されていますが、MSMの薬理学の知識は限られています。 DMSOには、MSMにも重要である可能性が高いいくつかの薬理学的特性があります。

1)鎮痛および神経遮断

2)血液供給の増加

3)抗炎症性炎症作用

4)コラーゲンへの影響-コラーゲンを柔らかくし瘢痕組織を減らす

5)筋肉のけいれんの減少

6)リンパ球の生産を促すたんぱく質のインフラマソームを阻害する

7)プロサイトカインの活性を抑制

8)他の薬物の効果を高める促進剤としての働きがある

9)塩酸グルコサミン、コンドロイチン硫酸、MSM、デビルズクロー根エキス、ブロメラインエキスの組み合わせが、実験動物で関節炎に有効であることが判明

10)酸化ストレスの軽減

11)

 

MSMとコロイダルシルバーを使った癌プロトコル

DMSO同様にMSMとコロイダルシルバーを使った癌プロトコルというものが存在します。MSMもCSも抗菌作用がありますが、癌細胞内の微生物を殺すにはこの二つの物質を組み合わせる必要があります。MSMが癌細胞のポートを開き、CSが癌細胞内に入り微生物を殺します。癌細胞内の微生物がすべて死滅すれば、細胞は正常に戻るというものです。


DMSOは癌細胞のポートを開くと言われていますが、実は癌細胞のポートを開くのがDMSOなのかMSMなのか、あるいはその両方なのかはまだ解明されていません。DMSOは癌細胞をターゲットにしてポートを開きますが、実際にはDMSOの一部がMSMに変化するため、ポートを開くのはMSMかもしれないと言われています。DMSOとMSMの分子には同じ硫黄とメチル基が含まれているので、DMSOとMSMの両方が癌細胞のポートを開いているのかもしれません。

コロイダルシルバーが使われるのは、DMSOもMSMも他生の微生物は殺しますが、微生物を殺すのは圧倒的にコロイダルシルバーだからです。

 

まず、MSM水を用意

1ガロンのボトルに大さじ12~15杯のMSMパウダーを入れ、ボトルを振ってよく溶かします

MSMにアレルギーがあるかどうか、まずは小さじ1杯のMSM水で試し、更に2時間後に大さじ1杯のMSM水を試して下さい

 

1日目

大さじ1杯のMSM水を飲み、コロイダルシルバーを飲む。3時間後に大さじ2杯のMSMとコロイダルシルバーを飲む。更に3時間後に大さじ3杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。※ヘルクスハイマー反応が出るかもしれないので、初日は少量(血液中の微生物が大量に死ぬと毒素が出る)

2日目

大さじ2杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。3時間後に大さじ4杯のMSM水とコロイダルシルバー、更に3時間後に大さじ6杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。

3日目

大さじ4杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。3時間後に大さじ8杯のMSMとコロイダルシルバー、更に3時間後に大さじ12杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。

4日目

大さじ10杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。3時間後に大さじ12杯のMSM水とコロイダルシルバー、更に3時間後に大さじ16杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。

5日目

大さじ8杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。2~3時間後、大さじ12杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。更に2~3時間後に大さじ16杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。更に2~3時間後に大さじ22杯のMSM水とコロイダルシルバーを飲む。

 

※このプロトコルに使われるコロイダルシルバーですが、作成者や方法や濃度も違うので何杯という量を書いていません。飲むMSM水の量が増えると同時に、一緒に飲むコロイダルシルバーの量も同じように増やしていって下さい。

 

※このプロトコルをしている間は、微生物の餌となるすべての乳製品と糖分が含まれる製品は食べないようにしてください。

 

 

 

Published on 01/24/2021, 20:24:42.
Last updated on 02/16/2022, 15:40:42.