MMSオンライン +コロイダルシルバー  

MMSと最近ではコロイダルシルバーの普及活動を海外で行っています。当サイトは利益目的ではありません!金銭のやり取りが発生しても、自分の懐に入れたことは一度もありません!販売利益のすべてを現地のMMSが欲しい貧しい人達への無料配布、病院代、検査代、食料品として寄付をしています。詐欺扱いと脅迫とサーバーの停止に遭った為、あえて書いています。元々MMSの日本販売は、この国で無料でMMSを配りたくその活動費として自分の家計に支障をきたさないように始めたものです。

Español   サイトマップ (Site Map)

 

 

DMSOの使い方 (MMSとは関係なく単独で)

手と患部を綺麗にして下さい。DMSOはすべての物質を一緒に体の中に浸透させてしまいます。DMSOが長時間皮膚についた状態だと、それだけで何かの物質が浸透しまうということに注意して下さい。細菌やウイルスは大きすぎるので、一緒に浸透してしまうことはありません。細菌は25%以上のDMSOの中では増殖できません。推奨されているのは70%のDMSOですが、肌が敏感な人は50%のDMSOやジェルやクリームがいいです。

 

手で直接皮膚にぬりますが、もしもそれが嫌であれば、コットン等でぬることもできます。もしも液状タイプを使われるのであれば、ぬった後20分はそのまま乾燥させて下さい。もしもまだDMSOがついているなら、綺麗に拭き取って下さい。

 

※DMSOは他の物質まで一緒に浸透させてしまいます。十分注意してお使い下さい。服を着る場合、肌が十分に乾いているか確認して下さい。

 

DMSOを痛みに使用する場合は、痛みがある部分よりも広範囲にぬってください(例えば膝が痛い場合、その上下周り15センチ分多くDMSOをぬる)。ほとんどの場合15分以内に浸透します。DMSO使用後余裕を持って3時間は、有害物質がその部分に触れないように気をつけてください。ということは、MMSを一緒に使うと、MMSが体の奥深くまで届くということですね(≧∇≦)/

 

DMSOを使う頻度については、患部が急性によるものか慢性によるものかでも違ってきます。もちろん急性と慢性、両方の関節炎の痛みの緩和にも使えますが、DMSOは急性の痛みの方によりよく効きます。DMSOは関節炎に良く効きます。というのは、DMSOは抗炎症薬であり、またフリーラジカルが関節内の潤滑を破壊するのを防ぎます。

 

急性の場合は、怪我をした直後の6~8時間の間に2時間ごとにDMSOを使って下さい。それに続き、5日間かそれ以上4~6時間ごとにDMSOを使って下さい。慢性の場合は、効果が現れるまでに時間がかかります。すぐに痛みは緩和されるかもしれませんが、6~8週間かかります。場合によっては半年から1年かかることもあります。それは人や状態にもよります。この場合、1日1回の使用が推奨されています。

 

DMSOは約24時間で、体外に排出されます。ですが、急性の場合も慢性の場合も、定期的にDMSOを使わない期間を設けることが推奨されています。1週間に2日続けてDMSOの使用を中止します。例えば、毎週土日のみDMSOを使わない。もしも長期に渡ってDMSOを使っている場合は、2~4週間使用を中止します。30日間使い続け、30日間中止してもOKです。


緑内障と白内障(DMSOのみを使ったプロトコル/MMSは使わない)

25%のDMSOを1日1滴2回

  ※99.9のDM

 

 

鎮痛剤としてのDMSO

DMSOは痛みの緩和に頻繁に使われて、アスピリンよりもすばらしく、ステロイドよりもより安全な抗炎症剤です。それに加え、吐き気や眠気のような副作用もなく良い効果が得られます。DMSOは局所的に皮膚に使われています(口から飲んだり静脈注射もあります)。薬に比べると長く時間はかかり量を増やす必要がありますが、体に対する耐性ができません。

 

 

火傷 50~100%のDMSOをなるべくすぐに火傷の部分につけると、痛みが和らぎ傷がほとんど残りません。

五十肩 70%のDMSOが推奨されていて、それを痛い部分につけると痛みが和らぎます。1ヶ月は続けて下さい。

痛風性関節炎 90%のDMSOを5ml、症状が治まるまで日に2~4回患部とその周辺につける。

イボ痔 70%のDMSOを患部につけると、痛みや腫れが和らぎます。

静脈瘤 70~90%のDMSOを皮膚につけたら、痛みや痙攣や腫脹がすぐに軽減しました。

 

 

  • DMSOは一般的に、ジェル・クリーム・液体の形で乾いた綺麗にした皮膚に添付し、30分程乾かす
  • 経口・静脈内・皮下・筋肉内・腹腔内・髄腔内・眼内・粘膜上・膀胱内への注入によって投与することができる
  • 怪我や痛みに使用する場合は、50%から70%の濃度を使用
  • 疼痛治療は6週間続けますが、改善は使用後2~3日で見られる
  • 無菌食塩水で1日1回または2回25%に希釈したDMSO溶液1滴は、白内障・緑内障・黄斑および網膜変性を含む眼の問題に非常に有用
  • DMSOは血管性頭痛や筋肉の緊張に非常に効果的
  • DMSOは精神系の治療に有用(急性統合失調症反応・躁鬱病・精神病・アルコール依存症・自閉症・常同症・妄想状態・重度の神経症・不安・強迫観念等)
  • DMSOは他の治療法と組み合わせて癌を抑制する

 

Published on 02/14/2017, 14:00:24.
Last updated on 08/23/2021, 16:40:15.