MMSオンライン +コロイダルシルバー  

MMSと最近ではコロイダルシルバーの普及活動を海外で行っています。当サイトは利益目的ではありません!金銭のやり取りが発生しても、自分の懐に入れたことは一度もありません!販売利益のすべてを現地のMMSが欲しい貧しい人達への無料配布、病院代、検査代、食料品として寄付をしています。詐欺扱いと脅迫とサーバーの停止に遭った為、あえて書いています。元々MMSの日本販売は、この国で無料でMMSを配りたくその活動費として自分の家計に支障をきたさないように始めたものです。

Español   サイトマップ (Site Map)

 

 

CDSの作り方

MMSの考案者であるジム・ハンブル氏は、CDSを作るのには、従来通りのクエン酸50%と活性化させたものを使えば十分だと言われております。ですが、アンドリュー氏は4%塩酸を使った方がいいと主張しています。4%塩酸がなければ、クエン酸50%で活性化させたものを使っても十分効果があるCDSができます。クエン酸で活性化させたもので作ったCDSで、効果は現地の方で確認出来ています。ジムハンブル氏とアンドリュー氏で、このところ意見が別れているようです。クエン酸でいいのに・・・・と、ジムハンブル氏はこぼしていました。塩酸が用意できない方は、クエン酸でも問題なく作れますのでご安心下さい。

 

 ガスを直接吸い込まないよう気を付け、換気のいい場所で作って下さい

 

用意するもの(クエン酸で作る場合)

3000ppmのCDSを500ml作るのに必要な分量は、蒸留水(なければミネラル水でもOK)+28%(25でも24でも影響なし)MMS溶液10ml+50%(35%)クエン酸10ml

・作りたい分量に合わせた大きさのガラス瓶を用意(金属以外の蓋付き)

・ショットグラス(色付きの模様やロゴが入っていないもの)

 

ガラス瓶の中に入れた蒸留水の中に、倒れないように小さなガラスコップを入れてMMS溶液とクエン酸を入れて蓋を閉め、24時間~+α

使う瓶の大きさや、入れた水の表面積によっても時間や出来上がりのppmが少し変わってきます

絶対にこの分量と時間でやれば同じppmができるとは限らないです

 


4%塩酸で作る場合(クエン酸でも同じ分量)

240mlの蒸留水+5mlのMMS溶液+5mlの4%塩酸

おおよそ24時間で3000ppmですが、12時間後に一度取り出して、再び5mlのMMS溶液と5mlの4%塩酸を入れなおしたものを更に12時間という2段階のやり方もあります。

 

※分量、使っている容器、MMS溶液等によって出来上がりのppmが変わります。5mlで3000ppmにならない場合、少し増やして7~8ml使い同じ時間で作ると3000ppmが出来上がったりと、自分で何度か作ってコツをつかんでみてください。

 

 


自宅の台所で作れます

 

ネブライザーの機械を使えば、短時間で作れます

 


 

 4%塩酸の作り方 

例)25%1ℓの塩酸に5.25ℓの蒸留水を加える(皮膚に付かないよう気を付けてください、ゴム手袋推奨)

25 ÷ 4 = 6.25  ➡ 6.25 - 1 = 5.25 

洗剤や消毒液等の希釈計算サイト

 4%を超えるものは危険なので、絶対に使用しないでください

使い方はMMS溶液1滴に対し4%塩酸1滴を使い、100ml以上の水を加えて濃度を0.004%以下にして飲用

塩酸で活性化させると、CDSと同じ味の為、クエン酸と活性化させるよりも飲みやすい・・・・と言われていますが、クエン酸と飲むのとなんら変わりないように思いました

 

Published on 08/17/2021, 18:47:08.
Last updated on 06/10/2022, 16:08:56.